検証対象

鳥取県のスゴさ♪(*上記の画像付き投稿)

一般ユーザーのTwitter投稿(2022年2月18日、約4300RT)

判定

誤り

判定の基準について

鳥取県には、セブンイレブンが44店舗、スターバックスが4店舗、ドン・キホーテが1店舗出店している。高知県にドン・キホーテはないが、それ以外の情報は全て誤っていた。

ファクトチェック

鳥取県には「セブン」も「スタバ」も「ドンキ」もある

拡散したツイートに記されたセブンはセブンイレブンを、スタバはスターバックスを、ドンキはドン・キホーテおよびその系列ブランドを指すと考えられる。

しかし、鳥取県には、セブンイレブンが44店舗、スターバックスが4店舗、ドン・キホーテが1店舗出店している(2022年2月時点)。

セブンイレブンは2015年10月、スターバックスは2015年5月、ドン・キホーテは2016年11月にそれぞれ鳥取県1号店をオープンした。

高知県に「ドンキ」はないが…

では、Twitterで拡散した投稿内で「無セブン県」、「無スタバ県」、「無ドンキ県」とされている他の都道府県はどうなのだろうか。以下が、その結果だ。データは、いずれも2022年2月時点のものである。

■「無セブン県」とされている都道府県(データ

○青森県:98店舗
○香川県:107店舗
○徳島県:80店舗
○愛媛県:123店舗
○高知県:43店舗
○沖縄県:121店舗

■「無スタバ県」とされている都道府県(データ

○鳥取県:4店舗
○島根県:4店舗

■「無ドンキ県」とされている都道府県(データ

○山形県:2店舗(ドン・キホーテ1店舗、MEGAドン・キホーテ1店舗)
○福井県:4店舗(ドン・キホーテ2店舗、MEGAドン・キホーテ2店舗)
○徳島県:1店舗(ドン・キホーテ0店舗、MEGAドン・キホーテ1店舗)
○高知県:0店舗(ドン・キホーテ0店舗、MEGAドン・キホーテ0店舗)
○島根県:1店舗(ドン・キホーテ0店舗、MEGAドン・キホーテ1店舗)
○沖縄県:8店舗(ドン・キホーテ4店舗、MEGAドン・キホーテ4店舗)

つまり、Twitterで拡散していた投稿の内、正確だったのは「高知県にはドン・キホーテは無い」という情報だけだったことになる。

オリジナルは2012年5月に作成されたものだと見られ、その時点では正しい情報だった(脚注参照)。しかし、数年にわたって複数回別のアカウントにツイートされたことによって現実とマッチしない情報となった。

従って、鳥取県には、セブンイレブン、スターバックス、ドン・キホーテがないなどとする上記の投稿は誤りであると判定した。

脚注

以下、各県におけるセブンイレブン、スターバックス、ドン・キホーテの初出店時期。

■セブンイレブン

○青森:2015年6月
○香川:2013年3月
○徳島:2013年3月
○愛媛:2014年3月
○高知:2015年3月

○沖縄:2019年7月

■スターバックス
○鳥取:2015年5月
○島根:2013年3月

■ドン・キホーテ

○山形県:2012年11月
○福井県:2013年6月
○徳島県:2019年9月
○島根県:2015年12月
○沖縄県:2012年11月

(鳥尾祐太)

最後までお読みいただき、ありがとうございました。
この記事を読んでよかった、役に立ったと思われた方は、ぜひ「ナットク」やシェアボタン(右下)をクリックして、サポートをしていただければ幸いです。
リトマスのファクトチェック方針はこちらです。
気になるところがありましたら、遠慮なくコメントください。