検証対象

トンガ現地の流れてきたけど情報量多すぎて10回見た

(※動画付き投稿)

一般ユーザーのTwitter投稿(2022年1月16日、約1600RT)

判定

誤り

判定の基準について

これは2022年1月のトンガの津波ではなく、2021年12月インドネシアで撮影された「ボノ」と呼ばれる大潮による川の逆流現象と見られる。

ファクトチェック

検証対象ツイートの投稿日である2022年1月16日、前日トンガで海底火山が噴火した影響から、日本では津波警報・注意報が発令され大きなニュースとなっていた。また、現地トンガでも噴火による津波の発生が報告されていた。

添付された動画には、木を殴りながら待ち構える男性や自撮り棒を持った人々などが、歓声を上げながら波にのまれていく様子が映っている。

動画の出所

しかし、これと全く同じ動画はYouTubeで2021年12月に既に投稿されていることが確認できる。

このYouTube動画の投稿者によれば、これは「ボノ(bono)」と呼ばれる現象だという。ボノは大潮で海水が川へ逆流する「海嘯(潮津波)」のインドネシアでの呼び名だ(参考:NHK動画)。男性らがライフジャケット(救命胴衣)を着用していることや、投稿者が同様に波に流される動画を何度も投稿していることから、彼らはこの現象には慣れているように見える。

したがって、この動画が今回津波が起きたトンガの様子というのは「誤り」である。

なお、検証対象ツイートの投稿者はその後動画について「8年前のナイロビ」と訂正しているが、ケニアのナイロビは海から数百km離れているためこれも正しくないと思われる。

(大谷友也)

最後までお読みいただき、ありがとうございました。
この記事を読んでよかった、役に立ったと思われた方は、ぜひ「ナットク」やシェアボタン(右下)をクリックして、サポートをしていただければ幸いです。
リトマスのファクトチェック方針はこちらです。
気になるところがありましたら、遠慮なくコメントください。