検証対象

もうダメダ
(※別のユーザーの投稿のスクリーンショット画像を添付)

一般ユーザーのTwitter投稿(2022年8月29日、約1200RT)

判定

誤り

判定の基準について

元の写真には「地球人口削減センター」という文字は書かれておらず、画像は誰かによって加工されたものである。なお、ツイートした本人は後に訂正しており、意図的に流布したわけではないと思われる。

ファクトチェック

添付されているのは別のユーザーによる投稿のスクリーンショットと見られる画像で、マイクロソフト創業者のビル・ゲイツ氏とその妻メリンダ・ゲイツ氏が設立した慈善団体「ビル&メリンダ・ゲイツ財団」の建物らしきものが写っている。

画像を見てみると「BILL & MELINDA GATES foundation(ビル&メリンダ・ゲイツ財団)」という文字の上に「CENTER FOR GLOBAL HUMAN POPULATION REDUCTION(地球人口削減センター)」という文字が書かれており、あたかもビル&メリンダ・ゲイツ財団が「地球人口削減」を標榜しているかのようだ。

ところが、この画像はすでに2020年、ロイター通信AFP通信、アルゼンチンのメディアchequeadoなどでも取り上げられており、誤りであるとの検証がなされたものである。

実際の写真を見てみると

Googleマップで調べてみると、問題の画像はアメリカ・ワシントン州シアトルに置かれた財団の本部オフィスの外観写真が元となっているようだ。

実際の写真を見てみると、「地球人口削減センター」の文字はどこにも書かれていないことが分かる。

また、さらに調べてみると、加工された画像の元となったのではないかと思われる画像を発見することができた(参照)。

こちらは2014年の記事に添付された写真だが、比較してみると、撮影の角度や影の方角、木の枝の形状などが一致しているため、加工の元となった画像と思われる。

財団について

上述の通り、「ビル&メリンダ・ゲイツ財団」は、マイクロソフト元会長のビル・ゲイツ氏と妻メリンダ氏によって2000年に創設された慈善団体である。

公式HP内を検索してみたが、「CENTER FOR GLOBAL HUMAN POPULATION」という語句は検出されず、財団が自ら「地球人口削減センター」と名乗った形跡を見つけることはできなかった。

AFP通信の記事によれば、2020年頃から、ビル・ゲイツ氏がコロナウイルスの作成に関与した等の誤情報が広まっていたとのことで、財団にまつわるこれらの陰謀論と、今回の虚偽画像との関係性が指摘されている。

投稿者ものちに撤回

なお、投稿者自身が同日中に元ツイートを撤回する内容の投稿をしており、投稿した画像は加工画像だということを認めているようだ。

今回の画像は、実際には書かれていない「地球人口削減センター」という文字が誰かによって付け足されたもので、投稿者が意図せずに拡散してしまったものであるため、誤りであると判定した。

(鳥居大嗣、大谷友也)

最後までお読みいただき、ありがとうございました。
この記事を読んでよかった、役に立ったと思われた方は、ぜひ「ナットク」やシェアボタン(右下)をクリックして、サポートをしていただければ幸いです。
リトマスのファクトチェック方針はこちらです。
気になるところがありましたら、遠慮なくコメントください。